モイスチュアセンサー併用型 GG001C

収容ボックス頂部にソーラーバッテリーを配置したソーラー式の1チャンネル型で、モイスチュアセンサーによる散水回避を併用したタイマーコントローラーです。

モイスチュアセンサー併用型 GG001C

モイスチュアセンサー併用型は、収容ボックス頂部にソーラーバッテリーを配置したプラスチック筐体に収容するコントローラーと1インチ自己保持型電磁弁及びモイスチュアセンサー、さらに小型スプリンクラーにより形成した自動散水セットで、小規模な散水ゾーンを自動的に散水することができます。
モイスチュアセンサーは、地面の水分を監視し、充分な水分を有する場合は、散水を中止し、植物の過潅水による悪影響を防止します。
バルブは、各種口径の流量調節可能・手動開閉ニードル付のラッチ型バルブをご用意いたします。

機器仕様

Ni MH バッテリーパック: 7.2V, 800mAh
ソーラーセル: 9.2V/120mA
静止中電流:150uA
サンプル間隔:"auto"モード:散水停止中:モイスチュアセンサーは30分毎サンプル収集。散水中:モイスチュアセンサーは5分毎サンプル収集。
タイマーモード:毎分データチェック コントローラーは、収集毎にデータ表示。水分表示は、相対パーセント。
ラッチング電磁バルブ:仕様:パルス6-24 VDC,電流500mA,パルス幅20mS~100mS:水圧0.5-10bar
充電時間:Note:バッテリー電圧低下により機器が動作しない場合、太陽電池装備のコントローラーを太陽光の下に10時間曝露し、バッテリーを充電したのち機器の電源を入れます。
満充電状態のバッテリーは、曇天でも機器を15日間動作させます。

動作条件

ドライセットレベル:土壌乾燥ポイント;土壌水分のサンプルレベルがこのレベルまたは以下に達した時、システムは散水を開始します。
ウェットセットレベル:土壌湿潤ポイント;土壌水分のサンプルレベルがこのレベルまたは以上に達した時、システムは散水を停止します。
散水不能時間:これは、土壌水分がドライセットレベル以下の場合でも、散水を禁止する時間です。この機能は、動作禁止日程をセットするのに使います。例えば、散水が必要でない時、他のゾーンが散水中の時、用水節約のため散水を禁止中の時などです。
現在の水分レベル: モイスチュアセンサーは、現在の水分レベルを表示します。ユーザーは、水分レベルを調整する場合、センサーの位置を動かしたりしないでください。このような操作は、センサーの当初セット条件を変えてしまいます。異なったセットアップコンディション、例えば設置位置または設置深さが変化すると水分表示が変わってしまいます。
自動モード:このモードでは、システムは、電磁弁の開/閉を現在の水分レベルにより制御します。ユーザーは、ドライ/ウェットレベルと散水禁止時間を設定します。
タイマーモード:このモードでは、散水は、セットスケジュールのみに依存します。収集された水分データには依存しません。

モイスチュアセンサー併用型で、4チャンネルソーラー型もご用意いたします。これは、新設計の4チャンネルコントローラーをソーラーパネル設置の筐体に収容したもので、各種口径のバルブを外付けで接続できます。(1,1.5,2インチバルブ)

関連商品

ZCS-08Pシリーズ

流量調整付、手動開閉付、常時閉型バルブ

口径 メスG 1-1/2、2インチ
最大バルブ圧 10bar
ボディー材質 プラスティック
シーリング材質 NBR
最高流体温度 80℃
使用電圧 DC12V、DC24V、AC12V/50、24V/50、110V/50、220V/50、パルス6-24VDC
ZCS-08Pシリーズ

ZCS-08Pシリーズ

口径 メスG 3/4、1
最大バルブ圧 10bar
ボディー材質 プラスティック
シーリング材質 NBR
最高流体温度 80℃
使用電圧 DC12V、DC24V、AC12V/50、24V/50、110V/50、220V/50、パルス6-24VDC
ZCS-08Pシリーズ

ZCS-17B(真鍮製バルブ)

口径 1インチ メス
最大バルブ圧 16bar
ボディー材質 真鍮
シーリング材質 NBR
最高流体温度 80℃
使用電圧 パルス6-24VDC
保護等級 IP 65

散水器、ソーラーバッテリー、省エネシステム、太陽熱のことならお気軽にご相談下さい。株式会社エスシーエイエヌ お電話でのお問合せこちら TEL 06-4807-3611 お問い合わせフォーム